看取りケア

ゆったり療養できる環境

ホスピス型有料老人ホームメディホス河口湖(サービス付き高齢者向け住宅)は、山梨県の鳴沢村に在ります。鳴沢村の周辺(住宅)には富士五湖があり、施設からも富士山を望めることはもちろん、壮大で美しい自然に囲まれています。近隣には別荘地やゴルフ場なども多数あり、都心部からのアクセスも良い場所です。四季の移りかわりを感じながらゆっくり療養できる環境が整っている上、施設内(住宅)に訪問看護事業所と訪問介護事業所が併設され、看護師による医療処置やお看取りなどが24時間対応可能な施設(住宅)となっています。

病状や介護度が重く、また医療処置や緊急時対応への不安などからご自宅での療養が困難な方を目の当たりにし、難病、がん終末期専門の高齢者住宅の運営を進め、「ご入居者様、ご家族様も安心できる住まい、信頼される介護・医療のケア」の提供を目指しています。

メディホス河口湖_看板

私たちの看取りケア

メディホス河口湖では、入居者様・ご家族様の生き方や思いを尊重し、できるだけご意向に沿ったケアを提供していきます(例えば、治療をどこまで望むのか、どんな風に過ごしたいか、どんな場所でどんな最期を迎えたいかなど)。最期の判断はとても難しいものです。ご本人、ご家族の立場に寄り添い、一緒に決めていきたいと考えていきます。

私たちは、その最期の時間に寄り添っていきます。聴覚は最後まで機能すると言われているため、会話や意思表示が可能な入居者様とコミュニケーションをはかることはもちろん、意思表示が難しくなった方にも声かけを行いながら身体的、精神的ケアを含めた全人的ケアを目指しています。

不安を和らげるオキシトシン

また、手を握ったり体をさすったりすることで、「オキシトシン」というホルモンが分泌されると言われています。オキシトシンには不安を和らげたり、ストレスを緩和したりといった効果があると言われているため、死が目前にせまり不安定になりがちな終末期の人に対して行うことで、精神的な苦痛を軽減できる可能性があることから、私たち介護士、看護師は声かけや体をさするなどのスキンシップを大切にしています。

ご入居者様の生活

食卓

食堂の様子です。感染対策をしっかりとりながら、食事をとられたり、テレビを見たりスタッフと交流しています。

廊下

入居者様はもちろんご家族様にも季節を感じてもらえるように玄関前には季節の掲示物を貼っています!

もうすぐ4月ということでお花見をテーマにしてみました🌸

廊下2

廊下にはたくさんの富士山の写真を貼り利用者さまに楽しんでいただけるようにしています。

まとめ

メディホス河口湖では、ホスピタリティ精神を大切にし、病院でもなくご自宅でもない第3の居場所としてどのような状態でも安心して、その人らしく暮らせるよう生活を支えていくことを目指します。

河口湖周辺には富士五湖があり、また忍野八海や鳴沢氷穴など有名観光地があります。そして、四季折々の季節を楽しみながら365日の富士山を楽しめることができます。

————————————————————– 

ホスピス型有料老人ホーム メディホス河口湖 

 (サービス付き高齢者向け住宅

 

401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村2357-1 

TEL 0555-25-7466 FAX 0555-25-7468 

富士急行線 河口湖駅から車で20 

————————————————————–